自動車ニュース

EV

【セーフティカーは速くないと】 ポルシェ・タイカン・ターボGTがフォーミュラEのSCへ

フォーミュラEは爆速EVとして「ニュルブルクリンク」と「ラグナセカ」で驚異的なタイムを打ち立てたポルシェ・タイカン・ターボGTをセーフティーカーに指名しました。5月開催のベルリンから導入されます。...
自動車ニュース

【最終最強のW12搭載】 ベントレー・バトゥール・コンバーチブル 内装にジュエリーとのコラボ

ベントレーは予告していた現代車で3番目のコーチビルトを発表しました。「ベントレー・バトゥール・コンバーチブル」はマリナーによって製作され、最もパワフルなW12気筒が搭載されます。W12気筒の集大成です。...
自動車ニュース

【日本企業初!営業利益が5兆円超え】 トヨタが別格ともいえる決算説明会を開催 投資を強化も

都内でトヨタが決算説明会を開催しました。日本企業初!営業利益が5兆円超えという記録を残しながらも、このタイミングで「未来に向けた投資」を強化するとも発表しています。...
EV

「2年で製品化」 中国車メーカーへ移籍のデザイナー、シュテファン・ジーラフ氏に聞く 欧州との違いは?

VWグループでアウディやベントレーのデザインを担当してきたシュテファン・ジーラフ氏。中国大手の吉利汽車に在籍した彼が、ブランドの作り方や開発プロセスの違いについて語った。...
EV

日産、EV需要変動に「柔軟に対応」 電動化のペース調整? 中国市場は “独自モデル” で販売強化へ

日産の内田誠CEOはメディア主催のカンファレンスで、今後の電動化目標と中国市場への対応を語った。...
自動車ニュース

グローバル販売は3400万台超 日産、2023年度決算発表 売上アップも中国では「苦戦」続く

日産自動車が2023年度の決算を発表。売上高、利益ともに改善したが中国市場では苦戦を強いられている。日本では484万台(6.5%増)を販売した。今期はさらなる改善を見込む。...
自動車ニュース

【本日発売!】 レクサス「LM」に6座仕様車”バージョンL”追加設定 安らぎと創造性を提供

レクサスはミニバンのLMに6座仕様車であるグレード「バージョンL」を追加設定し、本日より発売を開始しました。今までの4座/7座仕様に加え「ラグジュアリームーバー」としての価値や存在意義を見直したとのこと。...
カーグッズ

画質よし、価格よし! 彩速ナビ「TYPE S」がHD画質になって新登場 2024年モデルの注目は?

ケンウッド彩速ナビの「TYPE S(タイプS)」が一新! この価格帯でHDディスプレイになりました 注目機能をチェックしていきましょう...
自動車ニュース

【2タイプのちょうどいい】 ホンダ新型フリード先行公開 「エアー」/「クロスター」を設定

ホンダは新型フリードをホームページにて先行公開しました。今回は「エアー」と「クロスター」の2タイプを設定しコンパクト・ミニバンとしての「よゆう」を特徴に仕上げたそうです。7人乗りと6人乗りを準備。...
自動車ニュース

【Nボックスとスペーシアが月間1万台越え】 2024年4月期 軽自動車新車販売ランキング

軽自動車の新車販売はホンダNボックスが23カ月連続でトップ、続くのはスズキ・スペーシアで上位2車種が1万台越えの販売台数を記録しています。前年同月比では0.3%減の数字です。...
自動車ニュース

【トヨタ・ヤリスが首位奪還】 2024年4月期 登録車新車販売ランキング 飛び級が数車種アリ

登録車の新車販売はトヨタ・ヤリスが4カ月ぶりに首位を獲得。その他はトヨタ・シエンタ/ホンダ・ヴェゼル/トヨタ・アルファードが4ランク以上のアップでのランクインを見せています。...
自動車ニュース

シートヒーターが「有料コンテンツ」に? 使うときだけ課金、クルマとの新しい付き合い方

ヒョンデはデジタルサービスを拡張し、オン・デマンド機能(FoD)の導入を検討している。シートヒーターなどの車載機能の使用を有料化し、ユーザーとの「つながり」を維持する狙いだ。...
自動車ニュース

アメ車がパワーを捨てて燃費を追いかけた日 排ガス「7割」削減で大波乱 歴史アーカイブ

大排気量でパワフルなイメージのアメ車だが、1970年代に彼らを大いに苦しめる出来事があった。厳しい環境規制により魅力を削ぎ落とさなければいけなくなったのだ。...
自動車ニュース

リスクはある? サイバーセキュリティ規制、非対応車は「脆弱」なのか 一部地域で販売継続

今年7月に欧州で施行される新サイバーセキュリティ規制により、複数の非対応モデルが販売終了となる。しかしポルシェ718などはEU以外の地域で販売が続けられている。安全上のリスクはあるのだろうか。...
EV

個性派ブランドの小型EV 韓国キア、最小モデル「EV3」間もなく発表 大胆デザインで差別化

キアは5月23日に新型コンパクトEV「EV3」を発表する。Bセグメントのクロスオーバーで、手の届きやすい価格帯での発売を目指している。...
自動車ニュース

直6ツインターボで449馬力 高級オープンモデル、メルセデスAMG「CLE 53カブリオレ」初公開

メルセデスAMGから新型「CLE 53 4マティック+カブリオレ」が公開された。ブースト圧を高めたツインターボ、専用チューンの足回り、AMG独自のスタイリングが採用されている。...
中古車

世界一美しいクーペ=147+156 アルファ・ロメオGT V6ブッソ・ユニットも搭載 UK中古車ガイド

当時の147と156を融合したGT 3.2L V6ブッソ・ユニットも搭載 アルファ・ロメオ好きなら気に入る要素は多い 人気は不調で生産は少数 英国編集部が魅力を再確認...
EV

トレンドはこれからも「SUV一辺倒」なのか? 欧州市場に見る “風向き” の変化

大きくて背の高いSUVモデルが注目を集めているが、欧州市場ではもっと小型で安価なモデルも求められる。欧州フォードの製品戦略から「風向き」の変化が見えてきた。...
EV

高性能AIと1000馬力モーター搭載? アルファ・ロメオ新型「ジュリア」 V6ツインターボも設定か

アルファ・ロメオは次世代モデルの「ジュリア」を2026年頃に投入する見込みだ。AI搭載の高性能コンピューターにより、ハンドリング特性を微調整できるようになるという。...
自動車ニュース

エッジの効いた実用重視SUV 全長4.4m、5人乗りのルノー新型「シンビオズ」 ハイブリッド搭載

ルノーが新型SUV「シンビオズ」を欧州で公開した。Cセグメントのコンパクトモデルで広々とした居住空間を実現。後部座席はスライド可能で、足元の広さやトランクスペースを調整できる。...
レストア

600馬力のV12スーパーチャージャー搭載 ジャガーXJS、高性能レストモッドで復活

ジャガーXJSをベースとするレストモッド車「スーパーキャット」が公開された。英国のTWRパフォーマンス社が手掛けた高性能モデルで、最高出力600ps以上のV12と6速MTを搭載する。...
自動車ニュース

時代に逆行? 自然吸気6.5L V12で830馬力、フェラーリ新型「12チリンドリ」公開 華麗なるフラッグシップモデル

フェラーリは新型「12チリンドリ」を公開した。812スーパーファストの後継となるフラッグシップGTで、環境規制に対応したV12エンジン、新デザイン言語、最新技術の数々を投入している。...
クラシック

ベースは極上2002 クーペ BMWガルミッシュ(2) 現代のカロッツエリアが見事に再現

依頼先はミケロッティからガンディーニへ ベルトーネが独断で進めたガルミッシュ BMWの元デザイナー、サクスティ氏が角ばったキドニーグリルの歴史を振り返る...
クラシック

BMWガルミッシュ(1) 巨匠ガンディーニによる先取り3シリーズ 同意を得ず「密かに」製作!

依頼先はミケロッティからガンディーニへ ベルトーネが独断で進めたガルミッシュ BMWの元デザイナー、サクスティ氏が角ばったキドニーグリルの歴史を振り返る...
イベント

クラシックベントレー31台による日本一周大冒険ツアー 「BENTLY RISING SUN RALLY 2024」その一端をレポート

世界中から集まったベントレー・オーナーが24日間をかけて愛車とともに日本を縦断するツアー「BENTLY RISING SUN RALLY 2024」が開催されました。その行程の一部、4月22-23の2日間にAUTOCAR JAPAN 笹本編...
自動車ニュース

【SDGsに向けたベントレーのたゆまぬ努力】 第2回サステナビリティ・レポート公開 次の10年へ

ベントレーは第2回年次サステナビリティ・レポートを公開しました。10年後までにエンド・ツー・エンドでカーボンニュートラルを達成するという目標を掲げる同社、社会へ向けてのたゆまぬ努力が明かされています。...
PHEV

「クーペにもPHEVモデル」 MB GLC 350 e 4マティック・クーペ・スポーツ・エディション・スター

メルセデス・ベンツは「GLCクーペ」にもPHEVモデルを追加し発売を開始しました。電気モーターのみで時速140kmを実現し、航続距離では114kmとまさにガソリンと電気の良いとこ取りを目指します。...
PHEV

【朗報】ロングホイールベースでディーゼルが選択可 ランドローバー・レンジローバー MY25モデル

ランドローバーはレンジローバーの2025年モデル受注を開始しました。目玉はディーゼル×ロングホイールベースの組み合わせが実現したことに加えてパワーアップも行われています。大枠は4グレードです。...
EV

「それはおかしい」 EV販売の過剰 “強制” に疑問 欧州の矛盾だらけ法規制が産業を壊す

ステランティスのカルロス・タバレスCEOは欧州の環境規制に対し疑問を呈している。需要を上回る販売義務化や、雇用を無視した法律が自動車産業を破壊すると指摘している。...
フォーミュラ1

F1最強チームが「市販車」導入へ 1250馬力のV8ハイパーカー年内発表 レッドブル “伝説的技術者” が主導

レッドブルが新型ハイパーカー「RB17」を今年後半に発表する。F1マシンの伝説的デザイナー、エイドリアン・ニューウェイ氏の手によりマイルドハイブリッドV8ツインターボを搭載する。...
フォーミュラ1

退任は本当だった… レッドブルF1技術責任者、エイドリアン・ニューウェイ氏 来年チーム離脱へ

レッドブルF1の成長と活躍を支えてきたエイドリアン・ニューウェイ氏が来年初頭にチームを去る。現在、新型ハイパーカー「RB17」を開発中で、退任までに完成を目指している。...
自動車ニュース

【勢いの鈍るBEVモデル】 それでもステランティスが盤石な理由とは? EV拡販のスタンスを聞く

恒例となりつつあるステランティス・グループ打越社長によるラウンドテーブルが開催されました。今回はQ1(第1四半期)の振り返りと展望がテーマですが、電動化に対する同社のスタンスも確認します。...
自動車ニュース

【W12気筒の終焉は限定16台で】 ベントレーが発表予告 マリナーが手掛けるコーチビルドモデル

限定16台でアイコニックなW12エンジンを搭載した最後のベントレー発表が予告されました。マリナーが手掛け、現代モデルで3番目となるコーチビルトベントレーで、完売した2ドアのバカラルとバトゥールに続くモデルです。...
自動車ニュース

【4月期の新車販売は4カ月連続マイナス】 新モデルや出荷停止解除も予断を許さない状況か

2024年4月期の新車販売台数(速報値)が発表されました。4カ月連続の前年割れ、しかも4カ月連続での2桁減となっていますが、今後は新モデルや不正関連の出荷停止解除もありマイナス幅が縮小するとの見方も。...
EV

V12ツインターボで835馬力 英アストン マーティン「ヴァンキッシュ」年内復活へ 少量生産モデルか

アストン マーティンは新型「ヴァンキッシュ」を年内に導入する見込みだ。大幅に改良したV12ツインターボを搭載し、最高出力835psを発生する。...
EV

10分で320km分を充電? 最大370kWの超急速充電技術「XFC」公開 欧州EVブランドから

スウェーデンのポールスターとイスラエルのストアドット社が共同開発した超急速充電技術「XFC」は、実証試験で定格出力310kW、最大出力370kWを記録したという。...
EV

【日本メディア初試乗】ついにMGに帰ってきたオープンモデル「サイバースター」マーケットはどう受け入れる?

・MGサイバースターに日本メディア初試乗・中国資本がかつての英国の名門ブランドで送り出す2シーターオープン・北京モーターショー開催中の中国、現地からレポート...
PHEV

【利便性向上と選択肢拡大】 2025年モデル発表のランドローバー・ディスカバリー・スポーツ 新グレード導入

ランドローバーはディスカバリー・スポーツの2025年モデルを発表。新グレード「S」の導入に加え、標準装備の見直しやオプションの選択肢を広げ利便性向上を狙っています。ラインナップは大枠で3モデルから。...
PHEV

PHEVモデル促進へ レンジローバー・イヴォーク2025年モデル発表 価格改定とオプション見直し

ランドローバーはレンジローバー・イヴォークの2025年モデルを発表しました。PHEV促進に伴い、全体のモデラインナップ価格の改定とオプションの見直しが行われています。グレード大枠は4モデルから選択可能。...
キャンピングカー

【目指すは陸のマリーナ】輸入キャンピングカー販売拠点が相模原に誕生 最新モデルずらり

・神奈川県相模原市にユーロトイ相模原がオープン・国内最大級の欧州製大型キャンピングカーの専門店・運営するトイファクトリーが描く将来の展望とは...
EV

VW「これが新しいデザインです」 中国の若者向けEV初公開 ”まばたき” ヘッドライト搭載

フォルクスワーゲンは新型EVコンセプト「ID.Code」を中国で発表した。中国の若年層をターゲットとし、従来と異なる新しいデザインを採用している。...
EV

東欧から新型スーパーカー参戦! 1000馬力超の1人乗りEV 人気作『グランツーリスモ7』へ新規収録

チェコの自動車メーカー、スコダがプレイステーション用ゲーム『グランツーリスモ7』にシリーズ初登場。合計出力1087psの4基のモーターを積むシングルシーターを投入した。...
PHEV

両側スライドドア採用 VW新型キャンピングカー5月7日公開へ 「カリフォルニア」初のPHEVも

フォルクスワーゲンは5月7日に新型キャンピングカー「カリフォルニア」を発表する。乗用車ベースで快適性と安全性を高め、携帯型タブレットなど新機能も導入。2025年よりドイツで生産開始予定だ。...
自動車ニュース

【続報ディフェンダー・オクタ】 ワールドプレミア決定 全ての面で最上級のディフェンダーへ

全ての面において最上級に位置づけられる「ディフェンダー・オクタ」のワールドプレミアが7月3日に決定したようです。初年度日本割り当ては220台、事前招待制の特別プレビュー・イベントも世界6か所にて開催されます。...
EV

【日本メディア初試乗】ガジェットギークのみなさんへ ついに登場、シャオミ初の乗用車「SU7」実力は?

・シャオミ初の乗用車「SU7」に日本メディア初試乗・ガジェットメーカーがつくるのはどんなクルマ?・北京モーターショー開催中の中国、現地からレポート...
自動車ニュース

次はヤナセ! フェラーリ正規ショールーム「ヤナセ フィオラーノ モトーリ」新宿にオープン

2024年4月27日に新宿区にて営業開始するヤナセ初のフェラーリ正規販売拠点「ヤナセ ヤナセ フィオラーノ モトーリ」。それに先駆けたオープニングセレモニーの様子をAUTOCAR編集部がお届けします。...
EV

【メディアに来て欲しくない?】 海外メディアに冷たい北京モーターショーでも見どころ沢山(2)

「海外メディアに冷たい」とも感じ取れる北京モーターショーが6年ぶりの開催を迎えました。現地取材での注目の車種とは? 「中国メーカー編」と「日本メーカー編」の前後2回に分けてお届けします。...
EV

【メディアに来て欲しくない?】 海外メディアに冷たい北京モーターショーでも見どころ沢山(1)

「海外メディアに冷たい」とも感じ取れる北京モーターショーが6年ぶりの開催を迎えました。現地取材での注目の車種とは? 「中国メーカー編」と「日本メーカー編」の前後2回に分けてお届けします。...
EV

ミニ新型「エースマン」実車初公開 室内の “広さ” 優先したEV、約615万円から欧州導入へ

ミニは新型EV「エースマン」を北京モーターショーで公開した。英国価格は3万1800ポンド(約615万円)からで、秋に納車開始予定。高性能なJCWバージョンも計画中だ。...
EV

急速充電対応の4WD車 スマート新型「#5」コンセプトモデル公開 ブランド史上最大サイズ

スマートは新型「#5」のコンセプトモデルを中国・北京で開催中の北京モーターショーで公開した。無骨な外観を持つクロスオーバーEVで、航続距離は550kmとされる。年内に量産型が登場する予定。...
EV

小型2ドア車が復活 新型スマート・フォーツー開発始まる デザイン責任者「ブランドにとって重要」

スマートが「フォーツー」の次世代モデルの開発を開始した。量産型では「#2」と呼ばれる見込み。どのようなプラットフォームを採用するかが注目される。...
EV

【独ニュルへご招待】 アイオニック5Nファーストエディションの購入特典 5Nの導入時期も発表

ヒョンデは「アイオニック5N」の販売を6月5日から開始すると発表し、これを記念して「ファーストエディション」を50台限定で設定します。購⼊予約特典にはドイツ・ニュルブルクリンクへの招待もセットになります。...
自動車ニュース

ボルボXC40に300台の限定車 「プラスB3セレクション」 同時にマイナーチェンジでグレード名変更も

ボルボはXC40をマイナーチェンジ、あわせて特別限定車「XC40プラスB3セレクション」を限定300台で発売します。マイチェンではグレードの名称変更や、限定車には快適性向上と人気OPがプラスされています。...
EV

量産型EQGがついに実車披露 メルセデス・ベンツ「G580 with EQテクノロジー」 航続距離470km以上のBEV

メルセデス・ベンツは新型「G580 with EQテクノロジー」の実車を北京モーターショーで初公開した。Gクラス初のEV版で、4基の電気モーターと116kWhの大容量バッテリーを搭載する。...
EV

これが新時代の「2人乗りスポーツカー」 MG新型サイバースター、約1075万円で欧州発売

英国発祥のブランド、MGが新型EV「サイバースター」を欧州で発売した。英国価格は5万4995ポンド(約1075万円)から。シザードアを備えた2シーター・コンバーチブルで最高出力510psを誇る。...
EV

2024年版 乗り心地が良すぎて昇天する最新「高級車」 10選 羨望のラグジュアリーカー

近年の「高級車」はセダンだけでなく、SUVも増えてきた。快適性、質感、動力性能などさまざまな観点から特に優れた10を紹介。完全電動モデルも静粛性の高さを武器に台頭している。...
自動車ニュース

【日本導入227台】 フォルクスワーゲン・ポロGTIエディション25 ポロGTIの誕生25周年を記念

フォルクスワーゲンはポロGTIをベースとした「ポロGTIエディション25」を227台日本に導入発表。世界限定生産2500台の同車誕生25周年を記念するモデルで、ドアシルに記念プレートも付きます。...
自動車ニュース

ジープ・コマンダー・オーバーランド 「人気グレードの室内空間を更に演出」 白黒各色限定100台

ジープはコマンダーの人気グレード「リミテッド」をベースにスウェードのブラウン内装とした限定車「オーバーランド」を200台で発売。オプションで人気のパノラミックサンルーフも標準装備します。...
EV

2024年版 「速い+快適」な高級スーパースポーツカー 10選 日常使いもできる高性能モデル

ロングドライブから日々の移動まで幅広くこなせる、速くて快適なスーパースポーツカー。動力性能、快適性、実用性などさまざまな観点から特に優れた10台を紹介する。...
自動車ニュース

【ドラレコ、延長保証に特別装備も】 アルファ「ジュリア」/「ステルヴィオ」 82台の限定車

アルファ・ロメオは「ジュリア」/「ステルヴィオ」に人気OPのドラレコと2年間の延長保証などを装備した限定車「ヴェローチェ・スペリオーレ」を各41台で計82台発売します。ネグローニ製の特別装備も。...
アクサ自動車保険見積もり満期1日前でもOK!