電話でのお見積りなら、満期1日前でもOK!
アクサダイレクトの自動車保険・バイク保険
フリーダイヤル
0120-945-302
平日  9時から18時
土日祝 9時から17時
インターネットでのお見積りなら
インターネット割引が最大 20,000円
無料見積もりサイト

ハースF1がベテランレースエンジニアを獲得。ハッキネンやライコネンを支えたマーク・スレードがマグヌッセン担当に

thumbnail image ハースF1のケビン・マグヌッセンの担当エンジニアが、次戦シンガポールGPから変更になる。マグヌッセンにとって2022年シーズンで3人目となるレースエンジニアとして、経験豊富なマーク・スレードが就任する。 マグヌッセンはレースエンジニアのエド・リーガンとともに2022年シーズンのスタートを切ったが、リーガンは今季限りでハースF1チームを去る。退職までバンベリーのチーム本社で仕事をするため、スパ・フランコルシャンとザントフォールトでは、ドミニク・ヘインズがレースエンジニアを務めていた。ヘインズは以前、ロマン・グロージャンやニキータ・マゼピンのレースエンジニアを務めていた人物で、スレードに引き継ぐまでの間、マグヌッセンを担当した。 マーク・スレードは、F1で最も経験豊富で尊敬を集めているエンジニアのひとりであり、多くのビッグネームたちと仕事をしてきている。イギリス出身のスレードは、1990年代…

このサイトの記事を見る