電話でのお見積りなら、満期1日前でもOK!
アクサダイレクトの自動車保険・バイク保険
フリーダイヤル
0120-945-302
平日  9時から18時
土日祝 9時から17時
インターネットでのお見積りなら
インターネット割引が最大 20,000円
無料見積もりサイト

BMWと前戦優勝のコルベットは出力抑制。第3戦ロングビーチのBoPに変更あり/IMSA

thumbnail image 4月8~10日にアメリカ、カリフォルニア州のロングビーチ市街地コースで開催される、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第3戦を前に各クラスのBoP(バランス・オブ・パフォーマンス/性能調整)が発表された。 この中で、先月行われた第2戦セブリング12時間でGTDプロクラス初優勝を飾ったシボレー・コルベットC8.R GTDと、今季デビューしたBMW M4 GT3の2車種は抑制調整の対象となり、エンジン出力の削減などを受けることになっている。 IMSAの最新テクニカルレポートによると、LMGTE車両から仕様変更されたコルベットのGTDカーは、前戦と比較して10kgの重量増と約8.4PSのパワー減に相当する0.4mm径の小さいエアリストリクターの装着が義務付けられた。さらに、燃料タンク容量も4リットル削減される。 一方、2022年モデルの新型BMW M4 GT3は、ターボのブーストレシオの変更により約17PSに相当するパワーダウンを受けた。合わせて燃料タンク容量が8リットル減らされるが、車両重量を20kg軽くすることで一部を相殺している。 その他、GTDプロ/GTD車両では、ポルシェ9…

このサイトの記事を見る