「99%のクルマのシートには発がん性物質が含まれる」という研究結果が明らかに。とくに気温上昇時に発生する傾向があり、「高温時には室内循環を避け外気導入を」

| 自動車の内装には様々な発がん性物質が含まれることがこれまでの研究から明らかになっている |ただしそこまで過剰に心配をする必要はなさそうださて、自動車の内装には身体に悪影響を及ぼす物質が多数存在することがこれまでのレポートからも明らかになっていますが、今回は「およそ99%の自動車のシートにはTCIPPと呼ばれる発がん性化学物質が含まれている」との調査結果が公開されることに。この調査はさまざまな国…

このサイトの記事を見る

アクサ自動車保険見積もり満期1日前でもOK!